審査員講評

O JUN氏画家・東京藝術大学教授

 広いビルのフロアに並べられた1500点以上の作品の迫力はそれを審査する私たちの目を圧倒する。審査が始まれば全ての作品がさらに私たちを右往左往させるのだ。これは毎年繰り返される光景だ。今年もこの壮観と私たちから洩れる悲鳴(嬉しい?)でくたくたになった。そして、絵の力の凄さをあらためて知った。同時に絵の力とは何だろう?と自問した。私は美術大学で教員をしているが毎年受験では“キラキラっとアートコンクール”と同じくらいの数の絵を審査する。これもとても疲れる仕事なのだが印象は大分違う。人が絵を描く動機は様々でそれが何かは絵に映り込んでいる。受験の絵の大部分は合格するためだ。“キラキラっとアートコンクール”の絵は描くことが面白い、というのがモチベーションになっている。塗り方や線の引き方でわかる。絵のイメージよりも、それをどう描くかに渾身を傾けている。画材と細心にやり取りをしている。美大生の絵とキラキラっとアートコンクール応募者の描いた絵を単純に比較することは出来ない。けれども、「お前は、昨日はどう絵を描いたのか?明日はどう描くつもりなのか?」、と絵から問われた。これも毎年の繰り返しだ。皆さんと絵に心から祝福を送ります。

青柳 路子氏茨城大学准教授、東京藝術大学非常勤講師、教育学研究者

 どうして子どもの絵が好きなのか。なぜ子どもの作品に魅力を感じるのか。子どもが描いた作品には子ども独自の世界や物語があり、筆や鉛筆・ペンの運びから子どもたちの描く身体の様子、描くことの喜びや格闘が感じられるから。たとえ、たどたどしくても、どんなに小さな作品であっても、自分自身も夢中になって描いた小さい頃の、あの豊かな表現するときを子どもたちがきっと感じて描いていると想像することができるから。今回のコンクールの応募作品一点一点を見て改めて考えた、私の答えです。
「キラキラっとアートコンクール」には今年もたくさんの応募作品が寄せられました。応募された作品はそれぞれに違った魅力があり、人間一人ひとりが異なること、一人ひとりが容易には想像できない豊かな内面世界をもっていて、それぞれのものの見方やとらえ方、表現の仕方があることを子どもたちが作品をとおして、私たちに教えてくれているように感じました。
惜しくも優秀賞に選ばれなかった作品にも素晴らしいものがありました。今回は優秀賞を逃しても、今年でコンクールを卒業となっても、子どもたちには描くことを続けていってほしいです。
色やかたちは、言葉では表現しきれない世界や思いを表現することを可能にします。絵画という手段だからこそ可能になる子どもたちの表現をより多くの方に見ていただき、子どもたちを支える輪が、保護者の方々や学校・絵画教室の先生方から広く社会に広がっていくことを願っています。

西田 克也氏西田克也デザインオフィス グラッフックフィクデザイナー

 第16回キラキラっとアートコンクールも1,500点以上の作品の中から優秀賞50点(というか実は3年連続1点を落とすのが辛くて?51点なんですが…)を選び終えて、一息ついたところで作品を思い浮かべながらこの講評を書いているわけです。ところで、作品を思い浮かべると言っても、一次と本審査の(ほんの!)2回目にしただけの作品群の中で、記憶の襞から立ち上がってくる作品は、やっぱりテーマがユニークで、構図は大胆、しかも色彩の選び方が一筋縄ではいかない様な作品なんですが、そういう記憶に残る作品が何となく減ってきているような気がするのは、僕の感性が摩耗したせいなのか、それとも、作品の技術的なレベルが上がって、上手いなあと思わせる作品が増えた代わりに、描く技術とは関係なく有無を言わせぬような存在感のある作品が実際減っているからなんでしょうか?と、もちろん前者であることを願っています。

髙橋 宏和氏社会福祉法人東京コロニー アートビリティ代表

 今年も選ぶのが難しい多くの魅力ある作品に溢れていました。
テーマも表現方法も自由のコンクールというと、何を描こうか、表現方法はどうしようかと非常に悩んだ応募者もいると思いますが、自由な発想から生まれた作品は、それぞれに作者の思いが加わり、とても個性的な作品に仕上がっています。個性的な作品はそれだけで多くの話題を提供しますが、審査会でも審査員同士で多くの意見交換をしながら白熱した審査をさせていただきました。
審査会は終了しましたが、今後、応募作品の全てはホームページで公開され、審査会で感じた驚きを更に多くの人に見てもらう機会があります。キラキラっとアートコンクールをきっかけに絵を描く楽しさに目覚め、少しでも多くの応募者が絵を描き続けてくれる事を望みます。

吉田 淳一三菱地所株式会社 執行役社長

 今年で16回目を数える本コンクールに、今回も全国から1,512点のご応募をいただきました。40の都道府県から団体応募173団体(1,474作品)、個人応募38作品、最年少応募者は3歳です。昨年度比で、70団体が新規応募であるなど、本コンクールが少しずつ広がっていることをとても嬉しく思います。
応募してくださったお子さん方の気持ちのこもった絵を拝見すると、それぞれが放つ個性に魅了されるばかりでなく、私たちの目の前に絵を届けてくださった保護者の方々や学校の先生、関係者の方々のご協力、ご苦労に感謝の気持ちでいっぱいになります。
今回も最後の1作品が絞り切れず、3年連続で51作品を優秀賞として選定させていただきました。本作品展は、全国7会場を巡回いたしますが、昨年度より当該優秀賞作品展が終了した後も、一部の絵については三菱地所グループ各社の受付に展示して、来訪される方々にも楽しんでいただけるようにしております。今後も応募者の皆様、審査員の方々をはじめ、作品をご覧いただく全ての皆様の変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

高橋 明也三菱一号館美術館 館長

 毎年恒例の催しとはいえ、審査会場に足を運んで、実際に沢山の作品に触れると、全身が刺激される。何故かと言えば、若い彼ら、彼女らが絵画に対峙する時の真摯さ、制作の際の喜びや緊張感が、素直に、そして活きいきと伝わってくるからだろう。
描くことの根源は、自己とそれを取り巻く世界や宇宙との関係性の中にある。この世に産み落とされた人間は、いつか死に至るまで、誰もが孤独な旅をしていく訳だが、その伴侶として絵を描く習慣と技術を身につけた者は幸せだ。広大な未知の世界に軽々とアクセスできる、とても深くて有効なツールを手に入れたのだ。今やそれが、さまざまなデジタル機器を介して行われる場合も多いが、紙という何千年にもわたって用いられてきた媒体と、絵の具や鉛筆、パステルなど、直接手に伝わる材料を使って描くことの重要性は筆舌に尽くしがたい。肌に触れることのできる柔らかな紙や絵の具。全身の感覚器を通して慣れ親しんだ物質に触れながらイメージの創作に打ち込める、そんな貴重な機会を持てることは、ますますハイテク化される現代生活においては稀有なことなのかもしれない。そして、そうした制作者たちの喜びが脈々と伝わってくるのが、この催しなのである。