2018年12月アーカイブ

皆さま、こんにちは。

本日は、『キラキラっとアートコンクール』以外での、展覧会のご案内です。

文化庁主催により開催された2つの作品展「ここから-アート・デザイン・障害を考える3日間-」展(2016年10月)と、「ここから2-障害・感覚・共生を考える8日間」展(2018年3月)を継承する展覧会が、2018年12月5日(水)~12月9日(日)の5日間、国立新美術館 1階展示室1Aにて開催されます。

以下は、国立新美術館WEBサイトより、引用致します。

『障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レス」をサブキーワードとしました。障害や年齢を超越して、ものをつくることについて考え、また同じ場に集って展示を見ることにより、アートを通じて共生社会を考える機会となるよう企画するものです。
今回は、「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会への関心や理解がより深まることを期待しています。障害のある方たちが制作した魅力ある作品と、文化庁メディア芸術祭の受賞作などから選ばれたマンガ、アニメーション作品や、参加型のメディアアート作品等を展示するほか、音楽家の大友良英氏によるサウンドイベントや監修者によるトークなども併せて行います。』

■ここから 3―障害・年齢・共生を考える 5日間

日時:2018年12月5日(水)~12月9日(日)

    10:00~18:00
※12月7日(金)、8日(土)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

会場:国立新美術館 1階展示室1A

   (東京都港区六本木7-22-2)

主催:文化庁 

共催:国立新美術館

※詳細は、国立新美術館WEBサイトここから3WEBサイトをご確認ください。